安全・品質・環境

HOME > 安全・品質・環境 > 労働安全衛生マネジメントシステム

労働安全衛生マネジメントシステム

安全衛生方針

基本理念

安全と衛生の確保は,企業経営・企業存立の基盤であるとの認識にたち,人間尊重の理念に基づき,積極的に安全衛生活動に取組み,快適な職場環境を形成し,従業員の安全と健康の維持・向上を図るものとする。

方針
  1. 労働安全衛生関係法令及び当社の定める安全衛生に関する諸規程等を遵守する事を全従業員に徹底し,安全最優先の職場風土を確立する。
  2. リスクアセスメントを積極的に推進し,危険有害要因の除去又は低減に努め,労働災害防止を図る。
  3. 安全衛生水準の向上を図るため全従業員の協力の下,良好なコミュニケーションを確立し,労働安全衛生マネジメントシステムを適切に実施運用する。
  4. 安全衛生確保の重要性が従業員に理解され,確実に実行されるよう安全衛生教育の充実を図る。

安全重点活動

労働安全衛生マネジメントシステムによる安全衛生管理水準の向上と,自主的なゼロ災小集団活動等による事故・災害のない明るい職場を目指して推進

主な活動内容 ※安全教育(自社実施)
  • 安全管理者選任時教育・職長,安全衛生責任者教育・各管理者等の能力向上教育・KY訓練
  • 各種特別教育(高圧・特別高圧,低圧電気,ダイオキシン,研削と石,酸欠,アーク溶接,丸のこ,足場など)
  • 危険体感教育(足場,5m墜落,飛来落下,酸欠,感電,挟まれ巻き込まれ,安全帯ぶら下がり,切れこすれなど)
    ※夏期・冬期災害防止強調期間運動
  • 社長による全社一斉放送メッセージ
  • 労使幹部パトロール,対話の実施
    ※安全衛生監査の実施
    ※安全表彰の実施
    ・社長表彰,業務機関表彰
    ・ゼロ災グループ活動などによる良好事例表彰


足場危険体感教育


新入社員安全教育